土地や建物「不動産」とは何か

民法第86条は、不動産の定義をした法律です。
これによると、不動産とは「土地及びその定着物」として規定されています。
定着物とは、通説によると、土地に付着するものとされています。
継続的に一定の土地に付着させて使用されているもの、つまり建物のことです。

土地と建物は別々のものとして扱われます。
売買をする時や当権の設定・変更・抹消をする時など、それぞれ手続きする必要があるのです。
土地や建物の面積や権利関係などの詳細は、登記事項証明書を取得すると確認ができます。
登記事項証明書で確認できる内容は、登記をしていることが前提となります。

新たに土地や建物の形状が変わったり、所有権を取得した時は、法務局に登記の申請をする必要があります。
所有権の登記が完了すると、第三者に対して自分の所有権を対抗できるようになり、新たな所有者には登記識別情報が発行されます。

土地や建物を売買する場合や抵当権を設定する場合などは、登記識別情報が必要です。
これが、所有者であることの証明になります。
土地や建物を取得すると、不動産取得税や固定資産税などの税金が課税されます。

Subscribe to RSS feed